【スバル・インプレッサスポーツ】新型おすすめカスタムはコレ!

カスタム

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

 

もともとかっこいいインプレッサスポーツですが、カスタムすることでさらに自分好みにかっこよくできます。

バンパーやエアロの取り付けなど、自分でやるのが難しい場合は、カスタムを請け負う専門店があるので依頼するとお手軽です。

ただし工賃はかかりますが…。

ここでは自分でもできるカスタム例も紹介したいと思います。

スポンサーリンク



【スバル・インプレッサスポーツ】おすすめエアロパーツ紹介

 

エアロパーツはフロント、サイド、リヤという具合に車体全体に装着することで大きくイメージを変えることができます。

フルエアロと言われており、統一感も出ておすすめのカスタムです。

カスタムパーツのメーカーはいくつかありますが、インプレッサスポーツに限ってはデザインと信頼性からKENSTYLEをおすすめします。

取り付けは純正パーツを丸々取り外し、交換する形を取ります。

カー用品店やカスタムショップで注文し、取り付けしてもらうとお手軽です。

 

フロントバンパースポイラーとフロントグリル

 


引用元:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/SUBARU-IMPREZA_SPORT-257.html

グリルはスバルのエンブレムや装飾がない、オリジナリティあふれるパーツとなっています。

見た目はシンプルですが、よく見ると表面に丸みを持たせた加工がされており、内部のネットまでの深みが上質感を醸し出しています。

 


引用元:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/SUBARU-IMPREZA_SPORT-257.html

一方、フロントバンパースポイラーは純正バンパーよりも角をつけたデザインとなっており、ずっしりと存在感をアピールします。

公式画像の白と黒の塗分けはかなり参考になりますね。

このような感じでボディカラーと合わせて塗ってもいいし、ツートンカラーのようにすることも可能です。

LEDデイタイムランプはバンパーに付属していて、輝くランプの並び方がゴツくていいですね。

ぜひこの二つはセットで装着したいものです。

 

サイドスカート

 

引用元:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/SUBARU-IMPREZA_SPORT-257.html

純正のサイドシルよりも立体感を重視することで、個性を出しにくいサイドをファッショナブルにしてくれます。

純正品よりも30㎜長いようですね。

 

引用元:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/SUBARU-IMPREZA_SPORT-257.html

画像では見えにくいですが、サイドスカート後部の立体的な部分(斜めに奥行をだしている部分)はネットになっていてよりデザイン性を重視しています。

価格は48,000円(税抜き)。

目立たないように思えますが、フロントとリヤを充実した場合、ないとかなり寂しくなるので、取り付けることをオススメします。

 

リヤバンパースポイラー

 

引用元:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/SUBARU-IMPREZA_SPORT-257.html

「車の質はリヤで決まる」

…かどうかはさておき、リヤの質感というのは個人的には一目で違いがわかるところだと思います。

車種がわからなくても、上位グレードはリヤバンパーががっしりしているものですし、下位グレードは質素になってしまいます。

KENSTYLEもリヤの重厚感はそうとう意識しているようです。

中央上部に2つ、下部に3つ、左右に2つづつの計9つのダクトを大胆の開放。

空力的にも効果が高いのではないでしょうか。

リヤバンパースポイラーだけを単体で装着するのはデザインバランス的にはおすすめできませんが、フロントバンパースポイラーを装着したのなら、リヤもしっかり〆たいところですね。

 

リヤルーフスポイラー

 

引用元:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/SUBARU-IMPREZA_SPORT-257.html

 

写真を見るとわかる通り、リヤルーフスポイラーだけでも装着するとかなり印象が変わります。

おすすめですね。

空力効果もあり、長期間の装着で燃費改善効果を期待できます。

よく見るとルーフからの流れでいったん下がって、また跳ね上がっているのがわかりますね。

フルエアロ化する予算がない場合は、リヤだけでもエアロを取り付けることをおすすめします。

車体全体の形状に大きなアクセントをつけることができ、これだけでかなりかっこよくなります!

リヤルーフスポイラーの価格は40,000円(税抜き)とエアロ単体では安価です。

一番のオススメ選択です。

 

注意点

 

各エアロパーツは未塗装なため、自分のインプレッサスポーツに合った色に塗装する必要があります。

信頼できるカスタムショップで注文し、塗装と取り付けもまとめて依頼できるといいですね。

自分で塗装することもできますし、取り付けもDIYで一応可能ですが、私は不器用なので…。

失敗して後悔するよりも、お金を掛けたい派です。

 

スポンサーリンク



【スバル・インプレッサスポーツ】おすすめカスタムパーツ

 

エアロやマフラーを買わなくても、フロントに少し手を加えるだけでオリジナリティは向上します。

ここでは費用対効果が高いカスタムパーツをご紹介します。

 

画像と取り付け方の引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/154510/car/2205476/4350864/note.aspx

おすすめはスカートリップです。

これはフロントアンダースポイラーに装着するカスタムパーツで、見た目はエル字の赤いゴム製の棒です。

最終的なとりつけはフロントアンダースポイラーと密着させて付属のピンで固定します。

 

取り付け方を簡単に記載しておきます。

DIYでもできるカスタムですが、不安があるならやはりカスタム専門店などに依頼するといいでしょう。

 

画像と取り付け方の引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/154510/car/2205476/4350864/note.aspx

まず、アンダースポイラーの折れ目に合わせて曲げる必要があるため、曲げる部分は△の切り込みを入れる必要があります。

 

画像と取り付け方の引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/154510/car/2205476/4350864/note.aspx

切り込みを入れたあと、フロントアンダースポイラーにスカートリップをテープで仮止めします。

スカートリップの両端と折れ目の左右、中央の2か所の計14か所に6ミリほどのピン穴を開けます。

取り扱い説明書をよく読んで、目印をつけてから加工しましょう。

 

画像と取り付け方の引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/154510/car/2205476/4350864/note.aspx

実車への取り付け。

前輪付近の底面にあるバンパー固定用のクリップを取り外し、フロントアンダースポイラーをはめ込んで、再びクリップで止めることで仮止めします。

 

画像と取り付け方の引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/154510/car/2205476/4350864/note.aspx

フロントアンダースポイラーの穴に合わせてマジックなどでバンパーに印をつけます。

この印の部分を穴あけします。

仮止めしたフロントアンダースポイラーを外します。

 

画像と取り付け方の引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/154510/car/2205476/4350864/note.aspx

ドリルの刃が滑らないようにテクスで傷をつけてから、細いドリルで小さい穴をあけて、少しづつ太いドリルで穴を拡げます。

穴をあける部分は左右のタイヤハウスの中、アンダースポイラーに合わせた14か所です。

14か所は3mm→6mm→9.5mmの順で穴をあけ、タイヤハウス内は3mmの穴をあけます。

穴をあけたら、14か所にはウェルナットを入れ込みます。

 

画像と取り付け方の引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/154510/car/2205476/4350864/note.aspx

ふたたびフロントアンダースポイラーをクリップで仮止めします。

タイヤハウス内の穴は付属の銀のクリップでバンパーとフロントアンダースポイラーを挟み込みます。

その後ドリルねじで固定。

残りの14か所も付属のワッシャーをかませてねじで固定します。

 

画像と取り付け方の引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/154510/car/2205476/4350864/note.aspx

完成です。

実際には何度も工程を確認しながら行うことになると思います。

ホイールをジャッキアップしての作業をおすすめします。

 

https://aero-stage21.com/?mode=grp&gid=1148305

加工が必要な本格的なリップライナーの敷居が高いと感じる人はもっと簡単で安価なリップライナーもあります。

Stage21製セレブリップライナーです。

こちらはドリルによる穴あけ加工程度で取り付けできるのでお手軽です。

バンパー本体に穴をあけるのに抵抗がないのなら、製品に定評もあるようですし、オススメできます。

パーツは二つに分割されていて、真ん中につなぎ目ができてしまうのが難点ですが、近づいて眺めないと分からないし、いずれ気にならなくなります。

そこが気になるなら、やはり本格的なリップライナーにするべきでしょうね。

あと、ジャッキアップでも可能ですが、バンパーを取り外して作業する方が確実で安全です。

 

【スバル・インプレッサスポーツ】カスタムの感想

 

カスタムと言うと難しく思いますが、インプレッサスポーツの場合は評判がいいカスタムパーツは限られてきます。

比較的パーツは選びやすいと思いますね。

あとは予算との相談でしょうか。

自分でパーツ交換する場合は多少費用は浮きますが、それなりの知識があり、器用である必要もあります。

工具も用意しないといけませんね。

かかる時間と手間を考えると専門店に相談して以来した方がいいかもしれません。

自分で車をいじるのも楽しいんですけどね!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 増税前に車を買い替えておきたい…」
  • 「値引き交渉がうまくできない…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「新車を最安値で手に入れたい…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」

 

新車の購入には悩みが尽きません…。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで
欲しいクルマに手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります。

 

クルマの査定、後回しは損・損・損!