インプレッサスポーツをライバル車のオーリスと比較!どっちがいい車なのか?

比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

 

オーリスは2018年3月に新車生産が終了し、カローラスポーツに統合されています。

オーリスは新車での販売が終了したモデルですが、次の車を中古車で検討している場合、インプレッサスポーツとライバル関係になると考えられます。

すでにオーリスの名は消えてしまいましたが、その性能は健在です。

まだまだインプレッサスポーツと比較する意味はあると思っています。

ですので、オーリスは新古車、中古車での購入を前提にインプレッサスポーツと比較していきたいと思います。

スポンサーリンク



インプレッサスポーツとトヨタ・オーリスの価格を比較!

引用元:http://response.jp

インプレッサスポーツの現行モデルと、オーリスの最終モデルの中古車相場を比較してみます。

オーリス2016年モデルの中古車価格は111万円から247万円とかなり幅広くなっています。

200万円を超える価格のモデルはハイブリッド仕様で走行距離が10000㎞に達していない物件である場合がほとんどです。

ですが、ほとんどの中古車オーリスは150万円から190万円の間となっています。

最高価格の247万円のオーリスですが、ハイブリッドで、夏冬タイヤ付きや、シャア専用オーリスという特別仕様車であるなどかなり特殊です。

引用元:https://www.carsensor.net

インプレッサスポーツの2018年モデルの中古車価格は新しいということもあって、200万円を超えます。

しかし2016年のモデルは139万円から248万円と幅広くなります。

オーリスとは違って、全体的に中古価格が高く、走行距離も多め。

しかも数が少なく、そこまで求めやすいとは言えません。

引用元:https://www.carsensor.net

売りに出されているモデルも4WD(AWD)が多く、選択肢も少ないと思えます。

ちなみに両者の新車価格はこのような感じです。

オーリス新車価格
グレード 価格
1.2 120T CVT 259万円
1.8 RS MT 246万円
1.8 180S CVT 237.6万円
1.5 150X Sパッケージ CVT 208.5万円
1.5 150X CVT 189.3万円
1.5 150X Cパッケージ CVT 179万円
1.5 150X Sパッケージ 4WD CVT 228万円
1.5 150X 4WD CVT 208.7万円
1.5 150X Cパッケージ 4WD CVT 198.4万円
1.2 120T シャア専用オーリスII CVT 370.9万円
1.8 180S シャア専用オーリスII CVT 352.3万円
1.5 150X Sパッケージ シャア専用オーリスII CVT 321.6万円
1.5 150X Sパッケージ シャア専用オーリスII 4WD CVT 341.1万円
1.2 120T RSパッケージ CVT 259万円
1.8 ハイブリッド Gパッケージ CVT 283.3万円
1.8 ハイブリッド CVT 262万円

新車価格から見ると中古ではオーリスの方がお得な価格となっていますね!

同じ2016年モデルを中古で狙うなら、オーリスの方がいいということになります。

しかし、新車で買うなら、インプレッサスポーツですね。

そもそもオーリスはもう新車では買えませんし。

スポンサーリンク



インプレッサスポーツとトヨタ・オーリスの燃費を比較!

中古価格相場がお得でも、性能が悪ければ意味がありません。

インプレッサスポーツとオーリスの燃費を比較してみます。

まずはオーリスの最終モデルの燃費を見てみましょう。

オーリスJC08モード燃費
グレード JC08モード燃費(タンク容量)
1.2 120T 19.4km/L (50L)
1.8 RS 14.4km/L (50L)
1.8 180S 16.2km/L (50L)
1.5 150X Sパッケージ 18.2km/L (50L)
1.5 150X 18.2km/L (50L)
1.5 150X Cパッケージ 18.2km/L (50L)
1.5 150X Sパッケージ 4WD 16.4km/L (50L)
1.5 150X 4WD 16.4km/L (50L)
1.5 150X Cパッケージ 4WD 16.4km/L (50L)
1.2 120T シャア専用オーリスII -km/L (50L)
1.8 180S シャア専用オーリスII -km/L (50L)
1.5 150X Sパッケージ シャア専用オーリスII -km/L (50L)
1.5 150X Sパッケージ シャア専用オーリスII 4WD -km/L (50L)
1.2 120T RSパッケージ 19.4km/L (50L)
1.8 ハイブリッド Gパッケージ 30.4km/L (45L)
1.8 ハイブリッド 30.4km/L (45L)

次は現行モデルのインプレッサスポーツ。

オーリスのカタログ燃費は少し古いモデルとはいえ、インプレッサスポーツに勝っていますね。

ハイブリッドは中古価格も210万を超えてかなり高いので、手頃なガソリン車を選ぶのが吉ですね。

オーリスのガソリン車の実燃費は街乗りで9から11km/L、平均で13から14km/Lのようです。

ハイブリッドの実燃費は19km/Lほど。

ガソリン車での街乗りははインプレッサスポーツの方が若干良くて、11㎞/Lから12km/L、長く走れば15km/Lくらいは出るようになります。

しかし過去に出ていたハイブリッドは実燃費は悪くて大体15km/Lほど。

インプレッサスポーツの最新モデルと比べても全体的にオーリスの方が燃費はいいですね。

インプレッサスポーツとトヨタ・オーリスの性能を比較!

引用元:http://response.jp

今や中古車でしか手に入らないオーリス。

店舗ではなかなかその性能、諸元表を数字で確認する機会がないと思いますので、ここでインプレッサスポーツと比較してみましょう!

インプレッサスポーツ オーリス
全長 4,460m 4.330m
全幅 1.775m 1,760m
全高 1.480m 1,480~1.500m
室内長 2.085m 1,830m
室内幅 1.520m 1,485m
室内高 1.200m 1,180m
車両重量 1300~1350kg 1,220 ~1,300kg
最小回転半径 5.3m 5.2m
最大トルク 148<15.1kg・m>/3600~196<20.0kg・m>/4000 135<13.8Kg・m>/4400 ~185<18.9 Kg・m>/1500

オーリスはインプレッサスポーツよりもサイズ、重量が一回り小さく、最小回転半径もその影響を受けています。

重量から見れば、トルクの差もさほど気にはならないでしょう。

室内の広さが欲しい場合はインプレッサスポーツですが、小回りが欲しいならオーリスですね。

オーリスはグレードによってトルクのバラつきが大きいので、より細かい表を作ってみました。

オーリストルク表(2015/4~2018/3モデル)
グレード トルク
1.2 120T 185 N・m<18.9Kgf・m>/1500
1.8 RS 180 N・m<18.4Kgf・m>/3800
1.8 180S 173 N・m<17.6Kgf・m>/4000
1.5 150X Sパッケージ 136 N・m<13.9Kgf・m>/4800
1.5 150X 136 N・m<13.9Kgf・m>/4800
1.5 150X Cパッケージ 136 N・m<13.9Kgf・m>/4800
1.5 150X Sパッケージ 4WD 135 N・m<13.8Kgf・m>/4400
1.5 150X 4WD 135 N・m<13.8Kgf・m>/4400
1.5 150X Cパッケージ 4WD 135 N・m<13.8Kgf・m>/4400
1.2 120T シャア専用オーリスII 185 N・m<18.9Kgf・m>/1500
1.8 180S シャア専用オーリスII 173 N・m<17.6Kgf・m>/4000
1.5 150X Sパッケージ シャア専用オーリスII 136 N・m<13.9Kgf・m>/4800
1.5 150X Sパッケージ シャア専用オーリスII 4WD 135 N・m<13.8Kgf・m>/4400
1.2 120T RSパッケージ 185 N・m<18.9Kgf・m>/1500
1.8 ハイブリッド Gパッケージ 142 N・m<14.5Kgf・m>/4000
1.8 ハイブリッド 142 N・m<14.5Kgf・m>/4000

オーリスでインプレッサスポーツ並みのトルクを求めるなら120T系がいいでしょう。

インプレッサスポーツi-S EyeSightのトルクが196N・m(20.0kgf・m)/4000rpmですから、重量からして十分なパワーを発揮してくれます。

中古車なら現行インプレッサスポーツの全てのグレードの新車より安く買え、1.6i-L EyeSightより高いトルクを手に入れることができます。

走行距離が1~3万キロあるかもしれませんが、そこさえ我慢できれば…。

中古なので、価格的にはオーリスの方が分がありますが、新車として見た場合、性能はインプレッサスポーツの方が上でしょうね。

インプレッサスポーツとトヨタ・オーリスの安全装備を比較!

引用元:http://response.jp

オーリスの最終モデルには「Toyota Safety Sense C」が搭載されます。

搭載されている機能をピックアップしました。

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム

他の予防安全機能はこのような感じです。

  • 先行車発進告知機能
  • 車両接近通報装置
  • VSC&TRC

ちょっと前のモデルなので明らかに機能が少ないですね。

インプレッサスポーツにあるACC機能もありませんし、誤発進抑制機能もまだ見受けられません。

安全装備を重視するなら現行インプレッサスポーツを選ぶべきでしょうか。

インプレッサスポーツとトヨタ・オーリスを比較した結論。

引用元:https://www.subaru.jp

元は300万円を超えるような上級モデルだったオーリス。

インプレッサスポーツとライバル車と言われていましたが、新車価格帯の違いから住み分けていました。

オーリスは新車販売が終了し、中古価格は落ちてきたものの、性能はインプレッサスポーツに負けていません。

かつてライバル車とささやかれただけのことはありますね。

オーリスはカローラスポーツに名を変えて受け継がれましたが、中古車も検討するなら、インプレッサスポーツ、カローラスポーツとともにオーリスも検討してみてはいかがでしょうか?

インプレッサスポーツ開発陣はカローラスポーツを意識しているようですし。

とは言え、当時の新車として買うならオーリスは高すぎるし、インプレッサスポーツの方が安く同等の性能を得られたということでしょう。

中古で買うとしたら、まだまだオーリスは価値がある車ということになります。

これからどんどん車が進化していくと相対的にオーリスの性能は下がっていってしまいます。

中古オーリスを選ぶなら今、ということでしょうね。

結論としては性能、安全装備からインプレッサスポーツの方がいい車です。

しかし中古車でインプレッサスポーツを買うつもりなら、価格と燃費と元の新車価格の点から、オーリスを検討する余地があります。

その場合、安全装備には目をつぶらないといけませんね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「このクルマ、性能いいし、かっこいいな…でも高い!」
  • 「値引き交渉がうまくできない…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「新車を最安値で手に入れたい…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」

 

新車の購入には悩みが尽きません…。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで
欲しいクルマに手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります。

 

クルマの査定、後回しは損・損・損!